生命保険の種類

生命保険の種類について

契約期間中に死亡した時には死亡保障がついてくるのが生命保険。しかし、そんな生命保険にもいろいろな種類があります。毎月の保険料が掛け捨て七日、貯蓄的な要素もあって契約満期の暁には戻ってくるのか、特約はどんなものがついているか、などによってたくさんの種類に分類することができます。

■定期保険
10年から30年ぐらいの契約期間で、基本的な死亡保障のみをカバーする生命保険です。掛け捨てなので満期を迎えても満期保険金を受け取ることはできませんが、毎月の保険料払い込み料金を安くする事ができます。

■終身保険
人間はいつか必ず死亡します。いつどこでその時がやって来ても死亡保障が必ず降りるというタイプの生命保険が終身保険。毎月の払い込み料金は割高になりますが、最終的に関らず脂肪補償金を受け取ることができるので、貯蓄性のある生命保険として人気があります。

■養老保険
規約期間中に死亡した場合にも、めでたく満期を迎えた場合にも受け取れる保証金の金額が同じなのが、養老保険。割高感はありますが、自分が受け取るか家族が受け取るかの違いはあっても、かけた分は受け取れるというメリットの大きな生命保険です。

■三大疾病保障保険
既に生命保険には加入しているけれど、万が一高度医療が必要になった時には、手厚い医療保険も必要かなと考える人におすすめなのが、三大疾病保険。ガンや糖尿病などの生活習慣病、特定の疾病については手厚い医療保険保障がついているだけでなく、生命保険的な要素もあるのが魅力です。ガン保険、というように特定の疾病をピンポイントでカバーしている生命保険もあります。

■個人年金保険
貯蓄性の高い生命保険として知られている個人年金保険。万が一の時には死亡保障もついていますが、定年に向けての積立金という概念で毎月の保険料を納めることができるのが魅力です。生活が厳しくてなかなか貯蓄に手が回らないという人にとってはおすすめの保険ですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ