生命保険の税金

生命保険の税金について

私達は、毎月のお給料を受け取るときには、自動的に税金が天引きされていますよね。生命保険の死亡保障は、毎月仕事をして受け取るお給料と比べると、金額がとても大きいため、そこから税金が惹かれるとなると、実際に受け取れる金額がかなり目減りしてしまうのではないかと心配になってしまいます。

生命保険を受け取る際には、受取人が誰になるかによって税金の取り扱い方が異なります。

例えば、毎月の保険料の負担者と脂肪補償金の受取人が同じ場合には、所得税がかかります。例えば、夫の所得から妻の生命保険料を毎月払っていて、妻の死亡によって夫が保険金を受け取る場合ですね。この場合、妻の死亡によって生命保険金を一括で受け取った場合には、一時所得という扱いになって所得税がかかります。一括ではなく、年金として受け取る場合には、雑所得という収入となって所得税がかかります。

自分自身が毎月の保険料を負担し、自分自身にかけていた生命保険を、妻や両親、家族など、自分以外の誰かが受け取る際には、所得税ではなく相続税がかかります。専業主婦の世帯などでは、夫の収入で夫に生命保険をかけ、夫に万が一の時には妻が受け取れるようになっている家庭も多いですよね。その場合には、所得税ではなく相続税がかかることになるので覚えておきましょう。

また、贈与税がかかるケースもあります。これは、保険料の負担者、誰に保険をかけているか、誰が受け取るか、それらがすべて異なる場合です。例えば、夫の収入から毎月の保険料を負担して妻に生命保険をかけていて、受取人が妻の連れ子や両親になっている、というような場合。この場合には贈与税がかかります。

生命保険の死亡補償金は、金額がとても大きいものです。大切な人がなくなって生命保険を受け取る場合でも、一括で受け取ったほうが手元に残る金額は大きいのか、それとも年金として分割で受け取ったほうがお得なのか、生命保険に加入する際には、そうした点も含めて相談してみると良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ