公的保障制度とは

公的保障制度について

公的保障制度は、そのネーミング通り「国によって守られている社会保障制度」のこと。例えば、会社に勤務して仕事をしている人なら、職場を通して健康保険に加入していますし、職場で健康保険に加入できない場合には、自治体を通して国民健康保険に加入することが国民の義務となっていますよね。健康保険は、病気になって医者にかかった場合に、かかる費用のいくらかを国が負担してくれるという医療保険のことです。日本では国民全員が健康保険に加入することが義務付けられているため、医者に行って支払う金額よりも多い金額が国によって負担されていると意識する人は少ないのですが、健康保険を持っていなければ医療費は全額自己負担となり、莫大な費用となってしまいます。

公的保障制度は健康保険だけではありません。医療保険としては、職場を通して加入できる健康保険、自治体を通して加入できる国民健康保険とがありますが、仕事中にけがをした場合の労働者災害補償保険、失業した場合に給付してもらえる雇用保険なども公的保障制度です。また、介護保険、国民年金、厚生年金保険なども、国によって保障されている公的保障制度です。

しかし、公的保障制度は、かかる費用の全てを負担してもらえるわけではないため、自己負担分を支払うだけでも場合によってはかなりの金額になってしまうことも少なくありません。私達が公的保障制度とは別に加入する生命保険や医療保険、年金型の積み立てなどは、公的保障制度の保障でカバーできない分の経済的負担を少しでも軽くするために加入する保険ですよね。

公的保障制度と、自分たちで任意に加入する保険商品とは、全く別の次元のもののようにも考えられますが、実は大きな関係があります。生命保険などの保険商品に加入する場合には、公的保障制度でどこまでが保障されているのか、どんな場合に自己負担が多くなって自身の経済を圧迫するのか、という細かい部分や線引きを知ることは、自分に本当に必要な保険商品を選ぶコツとなります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ