生命保険の平均的な払込保険料

生命保険の平均的な払込保険料について

自分自身に万が一の時に残された家族を経済的に保障してくれるのが生命保険。万が一の時の死亡保障を大きくすればするほど、毎月の払込保険料の金額は大きくなってしまいますし、毎月の払込保険料の金額で死亡保障を決めようとすると、万が一の時に十分な保障ではなくなってしまうこともあります。生命保険は、死亡保障や特約など、手厚い保障内容だけではなく、毎月どのぐらいの払込保険料となるのか、保険料金とのバランスも考えながら、どの保険商品に加入するのかを決めなければいけません。

生命保険の毎月の払込保険料ですが、皆さんはどのぐらい払っていますか?その世帯の収入や金銭的な余裕、ニーズのある補償額などによってケースバイケースなので、一概に、平均的な金額の払込保険料にしたほうが良いということは言えません。しかし、他の世帯で年間にどのぐらいの保険料を支払っているのか、気になりますよね?

男性が、自分に万が一の時に家族を保障してくれるために加入する生命保険の年間払込保険料の平均は、29万円程度と言われています。また、女性が自分自身にかける生命保険の年間払込保険料の金額は、20万円程度。世帯主であることが多い男性の場合には、一家の大黒柱に万が一のことがあると、家族が路頭に迷ってしまうわけですから、毎月の保険料負担金が少しぐらい高くても、十分な死亡保障がついている生命保険のほうが安心かもしれませんね。女性の場合には、男性と比べると生命保険の死亡保障の金額が少なかったり、専業主婦の場合には、子供が小さいうちだけ定期の掛け捨てタイプの死亡保障を付けるケースもあるため、男性よりも生命保険にかかる保険料は少ないことが多いようです。

生命保険は、若いうちに加入しておいた方が、払込保険料の金額は少なくて済みます。理想的なのは20代のうちに将来を見越して生命保険に加入しておくこと。しかし、ライフスタイルやライフプランによっては、30代、40代になってから生命保険に加入するケースも少なくありません。年齢が高くなってから生命保険に加入しようとすると、毎月の保険料も高くなるのは当然なので、生命保険の基本的な軸の部分は、できるだけ若いうちに加入し、マイホームを買ったり、子供の学費などでお金がかかる時期になったら、その時期だけリーズナブルな掛け捨ての定期保険で死亡保障を増額するという方法が良いかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ