心臓病とは

心臓病について

日本人の死亡原因の中では、がんに続いて2位となっている心臓病。心筋梗塞や狭心症などに代表される疾病がずらりと並び見ますが、心臓周辺の血液が詰まることによって発作を起こすような生活習慣病の一つとしても知られています。

生活習慣病では、血液の中に糖質や脂質が増えることによって、本来はサラサラなはずの血液が、ドロドロになってしまいます。ドロドロの血液は流れも悪く、細くて狭い毛細血管の中を勢いよく流れることが難しくなるため、血管が詰まってしまったり、無理に細い血管をとおろうとするあまりに血管の弱い部分が破れて、そこから出血してしまうこともあります。それが、動脈効果や狭心症など、虚血性疾患を引き起こします。虚血性疾患とは、心臓周辺の血管が詰まり、血液を通して栄養素や水分をもらうはずの細胞が栄養不足になり、酸欠の状態に陥ってしまう状態の心臓疾患です。

心臓病といっても、生活習慣病の一つの心臓病の場合には、ほとんど初期症状や自覚症状が現れないまま病気が進行していきます。人間の生命活動にはなくてはならない心臓が発作を起こしてしまうと、全身の血液の流れがストップして、心臓が壊死してしまいます。心臓病の場合には、発作が起きてすぐに病院へ行けば治療できるケースも多いため、脳梗塞などのような脳疾患の発作のように後遺症が残るリスクも少ないようです。

心臓病の発作は、主に胸を圧迫するような痛みを感じます。

狭心症の場合には、心拍が上がるような運動をしたり、階段を上ったりした時に、動機やめまいなどを伴う胸の痛みを感じることが多いようです。冷汗や息切れ、不安なときに起きる症状とよく似た症状が多いようですね。この場合には、数分で痛みが治まる場合が多いようです。

一方、心筋梗塞の場合には、安静にしている時でも突然激しい痛みにお触れます。我慢できないほどの激痛であることが多く、ひどい場合には意識が朦朧としてしまうこともあるようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [心臓病対策館]について

心臓病の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、食事や水分制限・体重制限についてや、前兆や手術費用、先天性心臓病について等など心臓病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。心臓病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [心臓病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ