心臓病とカリウムの関係

心臓病とカリウムの関係について

人間の体にとって必要なミネラル成分の一つでもあるカリウム。カリウムには、塩分の過剰摂取を抑制してくれる作用があるだけでなく、心臓の機能を正常に保つ働きをしたり、全身の筋肉の働きをサポートするなど、たくさんの働きをしています。

カリウムが不足すると、体内の塩分が分解されずにどんどん蓄積されてしまうため、高血圧になりやすくなります。それが心臓に大きな負担をかけ、心不全や不整脈などの心臓病が怒るリスクも高くなります。

食塩を多く摂取することが多い日本人の食卓には、カリウムはなくてはならない栄養素なのですが、だからと言って過剰摂取するのはNGです。カリウムを過剰摂取すると、高カリウム血症という疾患を起こしやすくなってしまいます。サプリメントでカリウムを摂取する人もいるようですが、できるだけ普段の食生活の中で必要量のカリウムを摂取するようにしましょう。カリウムを多く含んでいる食材には、
・バナナ
・プルーン
・リンゴ
・アボガド
・ホウレンソウ
・サツマイモ
・トウモロコシ
・サトイモ
・のり
・昆布
・大豆
・ナッツ類
などがあります。

カリウムは、調理をする段階で熱を加えると、全体の30%程度が失われてしまいます。フルーツなどは生で食べればカリウムもそのまま摂取できますが、熱を加えて調理する場合には、スープや汁などに溶けているカリウムも無駄なく摂取できるように、メニューに工夫するを良いでしょう。

カリウムが体内で不足してくると、体にいろいろな症状が怒ります。心臓疾患を抱えている人の場合には、カリウム不足が心心筋の働きを低下させたり、血液中の塩分封土が急上昇するために高血圧による心筋梗塞のリスクが高くなるなど、心臓にかかる負担が大きくなってしまいます。

心臓病や生活習慣病を抱えている人は、確実に必要な量のカリウムを摂取できるように、普段の食生活でカリウムが豊富な食材を積極的に摂取するだけではなく、サプリメントなどを利用して、確実にカリウムを体内に摂取できる方法を利用するのもおすすめです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [心臓病対策館]について

心臓病の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、食事や水分制限・体重制限についてや、前兆や手術費用、先天性心臓病について等など心臓病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。心臓病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [心臓病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ