心臓病と水分制限

心臓病と水分制限について

人間の体に必要不可欠な水分。健康な体なら、できるだけ水分をたっぷり摂取したほうが、アレルギーなどを起こしにくい体質を作ることができますが、心臓病を抱えている人の場合に限っては、水分はあまり摂取しないようにと指示される場合があります。ただし、水分制限は心臓病の場合には誰でも水分は控えたほうが良いというわけでもありません。治療方針によって水分が制限される場合があるというだけで、必ずしも水分を控えることが心臓病の予防や治療につながるわけではないので気を付けましょう。

医師の治療方針によっては、水分摂取を奨励される場合もあるようです。これは、痛風などの疾病を抱えている人に多いようですが、体内の水分量が少なくなると痛風の発作が起きやすくなったり、症状がツラくなることが多いから。この場合には、水分はできるだけたくさん摂取するように指示されますが、その代わりに、体内に水分をため込まないように利尿作用のある薬を処方されることが多いようですね。

水分制限が行われる心臓疾患には、心不全のような疾患が多いようです。心不全には急性心不全と右心不全の2種類がありますが、水分補給が行われるのは、右心不全の場合。このタイプの心臓病で水分制限がかかると、今まで通りの生活を送ることができなくなるため、入院治療を行うことも多いようです。

体にむくみが出ている場合には、かなり高い確率で水分制限されるようです。どのぐらいのレベルで水分制限がされるのかは個人差があるようですが、場合によってはのどがカラカラになっても水分補給してはいけないと指示されることもあるようです。この場合、体内に必要な水分は点滴によって補給されるため、喉から水分を入れることができなくなるケースもあるのだとか。しかし、喉が渇いても水分補給ができないということは、人間にとってはかなり大きなストレスになってしまうため、最近ではそうした極度の水分制限は行わない方針にしている病院がほとんどのようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [心臓病対策館]について

心臓病の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、食事や水分制限・体重制限についてや、前兆や手術費用、先天性心臓病について等など心臓病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。心臓病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [心臓病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ