心臓病の症状

心臓病の症状について

心臓病には、いくつかの症状があります。

・胸の痛み
胸や背中など、心臓周辺が痛くなったり、圧迫されるような感じになるのは、心臓病の症状の中でも最も自覚しやすい症状。狭心症や心膜炎、心筋梗塞、大動脈解離などの心臓病にかかると、こうした症状が良く起こりやすくなります。

・息切れ
呼吸器系疾患でも、息切れの症状は起きやすくなりますが、心臓病でも息切れしやすくなることがあります。心不全になると、ちょっと体を動かしただけでも心臓への負担がかかってしまうため、息切れしたり、呼吸困難になることがあるようです。

・動悸
不安なときに心拍が乱れて、心臓がバクバクすることは誰でもありますよね。心臓病の症状の中には、こうした動機や心拍の乱れもあります。発作性心房細動や期外収縮などの心臓病になると、アルコールを飲んだ時や疲れている時などにこうした症状が怒りやすくなります。不安なことがなくても突然動悸が起きたりすることもあるようです。

・むくみ
心不全のように心臓のポンプ機能が低下すると、体全体の水分量が増えてしまうため、むくみやすくなります。むくみは全身で起こりますが、症状が現れやすく自覚しやすいのが、顔と足。慢性的に足や顔がむくむ場合には、水分制限が必要になります。

・めまい
軽度の場合にはめまい、重度になると意識を失って失神することもあります。

・疲れやすい
心不全にかかると、疲れやすくなったり、貧血気味になったり、自律神経失調症にかかりやすくなります。

・咳
咳をしただけで心臓病を疑ったり自覚したりする人はまずいないと思いますが、血液を含んだ血痰が出る場合には、心臓病が原因かもしれませんから、すぐに病院で診察してもらいましょう。血痰の症状を持つ心臓病には、左心不全があり。寝ている間に血液を含む痰が出やすくなります。

生活習慣病の一つでもある心臓病は、他の生活習慣病と同じように、重度になるまで自覚症状がないことも多く、ある日突然発作が起きるまで、自分の心臓病に気づかなかったというケースも少なくありません。早期に発見して早期に治療をスタートするためには、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [心臓病対策館]について

心臓病の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、食事や水分制限・体重制限についてや、前兆や手術費用、先天性心臓病について等など心臓病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。心臓病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [心臓病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ