心臓病の前兆

心臓病の前兆について

人間の体の中で最も重要な生命活動を担当している心臓。心臓が発作を起こしたりして機能が停止してしまうと、ほかの部分が健康でも、人間は生きていることができなくなってしまいます。そのため、心臓病はできるだけ事前に予防して、疾患が起きないように普段の生活や食生活で気を付けることが必要なのです。

生活習慣病の一つでもある心臓病。他の生活習慣病と変わらずに、初期症状などはほとんど気が付かないことが多いようですが、心臓病の場合には発作が起きる前にはいろいろな前兆が起きることも多いようです。生活習慣病が心配で、以下のような症状が起きた場合には、発作が起きる前兆だといけませんから、すぐに医者の診察を受けるようにしてくださいね。

・細い血管が浮き出たように見える
・胸がなんとなく痛い
・胸やけしやすい
・動悸や息切れしやすい
・咳が出やすく、声がかすれやすい
・虫歯でなくても奥の歯が痛くなることがある
・手足がむくみやすくなり、顔がむくむこともある
・夜中に息が苦しくなり、目が覚めることがある
・トイレの回数が減る
・おなかが張りやすくなった

これらはすべて、心臓病の発作が起きる前兆のサイン。心臓が痛くなるというサインなら、誰でも心臓病を疑うことができますが、歯が痛くなったりトイレの回数が減ることによって心臓病を疑うというのは、なかなか意識していないと難しいかもしれませんね。

心臓病と言ってもいろいろな種類があり、それぞれに発作が起きる前兆のサインも異なります。前兆のサインを全く自覚することなく、いきなり発作が起きる場合もあります。

心臓病で恐ろしいのは、発作が起きると意識が混濁したり失神してしまうことも多く、周囲に助けてくれる人がいないとそのまま死亡してしまうケースも少なくないという点です。自分で救急車を呼べるとは限りません。発作で倒れてしまう前に、定期的な健康診断で心臓病を早期発見したり、発作が起きる前に自分自身で前兆をキャッチして診察を受けに行くなど、自分自身でできることは努力するようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [心臓病対策館]について

心臓病の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、食事や水分制限・体重制限についてや、前兆や手術費用、先天性心臓病について等など心臓病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。心臓病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [心臓病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ