脂質異常症とは

脂質異常症について

血液中の脂質が増えすぎてしまう疾患を、脂質異常症と呼びます。脂質異常症というよりは、コレステロールや中性脂肪といったほうがピンと来る人もいるかもしれませんね。その通り。コレステロールも中性脂肪も脂質で、これらの成分が血液中に増えすぎてしまうと、血液の流れがドロドロになってしまって脂質異常症を引き起こしてしまいます。

本来はサラサラな血液の中にも、コレステロールや中性脂肪などの脂質は含まれています。これらの脂質は体にとってマイナスの作用ばかりをするわけではなく、細胞壁の弾力性や、血管壁の弾力性など、人間の体にとって必要な働きもしています。しかし、これらの成分が血液中に増えすぎてしまうと、血液の流れが悪くなり、血管の壁に脂質がこびりついて血管を狭くしてしまったりする弊害が出てしまいます。

生活習慣病の一つでもある脂質異常症は、それだけでは自覚症状もありませんし、「だから何?」というほど、大きな健康被害があるわけではありません。しかし、脂質異常症の恐ろしい点は、脂質異常症が高血圧や動脈硬化など他の生活習慣病を併発させてしまうリスクがどんどん高くなってしまうことなのです。血液の流れが悪くなって詰まりやすくなってしまったり、血管の弱い部分が破れて出血してしまったりすると、それは心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化になりますよね。最悪の場合には脂肪してしまうことも考えられます。

食生活が原因といわれている脂質異常症。コレステロールや中性脂肪か、どんなタイプの脂質が血液中に増えているのかによって、いくつかの種類に分類することも可能です。しかし、どのタイプでも脂質は脂質。食生活が原因で発症している脂質異常症ですから、食生活を改善することで少しずつ症状を改善していくことが必要です。他の生活習慣病を発症しないうちに、普段の生活の中で気を付けていきたいですね。

自覚症状がまったくない脂質異常症は、自分自身で発見することはとても難しいものです。しかし、年に一度の健康診断などを受けていれば、早期発見することができるので、健康診断は必ず受けるようにしてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脂質異常症対策館]について

脂質異常症の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、分類や診断基準、食事との関係やサプリでの改善方法に、家族性脂質異常症についてや糖尿病との関係等など、脂質異常症について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。♪
フィットネスジャパンHealthcare [脂質異常症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ