家族性脂質異常症とは

家族性脂質異常症について

食生活や生活習慣などが原因で発症する生活習慣病の一つでもある脂質異常症。脂質異常症に限らず、生活習慣病は遺伝するとも言われています。しかし、健康的な食生活や生活習慣を心がけていても、親が脂質異常症なら自分も遺伝のために必ず脂質異常症を発症するというわけではありません。

家族性脂質異常症は、遺伝的な要素によって脂質異常症を発症する可能性もあります。しかし、遺伝的な要素が大半を占めているというわけでもないので注意しましょう。家族は通常、同じような生活習慣や食生活をしているものです。特に、子供の場合には、親が食べている食事を食べているわけですから、家庭で脂っこいものやカロリーが高いものが良く出てくれば、子供と言っても血液中の脂質はどうしても高くなりやすい体質になってしまいますよね。

生活習慣にも同じことが言えます。週末にはアウトドアで体を動かす習慣をつけている家族なら、血液中の脂質も分解されやすい環境にあります。しかし、週末は冷暖房が完備された室内でごろごろするのが大好きな家族だったりすると、どうしても慢性的な運動不足になってしまうため、血液中の脂質も分解されにくい環境で生活することになります。

それだけではありません。そうした生活環境の中で育った子供は、大人になっても同じような生活環境を続ける傾向があることも見逃すことができません。つまり、ごろごろと家でのんびりするのが大好きな子供は、大人になってもそうした生活習慣を続けやすいですし、子供のころに脂っこい食事を満腹になるまで食べていた子供は、大人になってもそうした食生活を続けやすいのです。

こうした食生活や生活習慣は、大人や子供などの年齢にかかわらず、家族で共通している場合が多いものです。そうした生活環境の中で、脂質異常症は親から子供へと受け継がれていきます。家族性脂質異常症には遺伝的な要素があるとはいっても、家族に共通する生活環境によって脂質異常症になりやすい体質を自分で作り出しているといっても過言ではありません。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脂質異常症対策館]について

脂質異常症の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、分類や診断基準、食事との関係やサプリでの改善方法に、家族性脂質異常症についてや糖尿病との関係等など、脂質異常症について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。♪
フィットネスジャパンHealthcare [脂質異常症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ