脂質異常症の原因

脂質異常症の原因について

生活習慣病の多くは、食生活や生活習慣など、毎日の生活の中に原因があり、それが少しずつ蓄積されていきます。脂質異常症も生活習慣病の一つなので、食生活や生活習慣に原因がありますが、特に偏った食生活は脂質異常症に直結してしまうので気を付けなければいけません。

偏った食生活と言っても、どんな食生活だと脂質異常症を起こしやすいのでしょうか。

悪玉コレステロール菌が急増しやすいのは、やはり動物性脂肪がたくさん含まれている食品を良く食べるような食生活。肉や乳製品はもちろんですが、卵や魚卵などにも悪玉コレステロールがたっぷりと含まれています。ちょっと高級でおしゃれな食材、おいしい洋食、手軽にさっと食べれる外食やコンビニの食事などは、こうした悪玉コレステロールを増やしやすい食生活です。

スイーツが大好きな人、お酒が大好きな人も、脂質異常症になりやすいといわれています。食べ過ぎや飲みすぎ、カロリーの過剰摂取によって血液中の中性脂肪が増えていきます。食事の量が多いわけではなくても、一つのアイテムでカロリーが驚くほどに高いスイーツ系が大好きな人は要注意です。また、仕事の後にビールを飲むことが大好きな人も、もしかしたらビールのカロリーによって一日の摂取カロリーがあっさりと過剰な状態になっているかもしれませんよ。慢性的なカロリーの過剰摂取は脂質異常症を引き起こしやすくなってしまいます。

運動不足や肥満、喫煙などの習慣が続くと、血液中の善玉コレステロールが減ってしまいます。善玉コレステロールは悪玉コレステロールを撃退してくれる大切なコレステロールなのですが、善玉コレステロールが減ってしまうと悪玉コレステロールが思うがままに増えてしまうため、結果として脂質異常症を引き起こしてしまいます。定期的な運動が必要というのは、血液中の善玉コレステロールを活性化するためにも大切な作業なのです。

摂取カロリーと燃焼カロリーのバランスを考え、食生活を改善することが脂質異常症の予防には必要不可欠です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脂質異常症対策館]について

脂質異常症の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、分類や診断基準、食事との関係やサプリでの改善方法に、家族性脂質異常症についてや糖尿病との関係等など、脂質異常症について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。♪
フィットネスジャパンHealthcare [脂質異常症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ