脂質異常症の分類

脂質異常症の分類について

血液中に脂質が増えすぎてしまうという脂質異常症。血液中の脂質と言っても、その数は1種類というわけではなく、トータルで4種類の脂質が血液中に存在しています。血液中の脂質のすべてが悪いというわけではなく、中には健康のためには必要な脂質などもあります。脂質異常症と診断されるのは、これらのバランスが悪くなってしまった時。どのタイプの脂質が増えたとか減ったとか、そうしたバランスによって、脂質異常症は3種類に分類できます。

・高LDLコレステロール血症
血液中の悪玉コレステロールが140mg/dl以上に増えてしまうと、脂質異常症の中でも高LDLコレステロール血症と診断されまます。悪玉コレステロールが増えすぎると、血管の壁に脂質がこびりつきやすくなり、血管が細くなったり詰まりやすくなってしまいます。それが、高血圧を引き起こしたり、動脈硬化の原因にもつながります。

・低HDLコレステロール血症
血液中の善玉コレステロールの数値が少なすぎても高LDLコレステロール血症と診断されることがあります。善玉コレステロールは血液中の悪玉コレステロールを撃退してくれる作用をしていますが、善玉コレステロールの数が少なくなってしまうことによって、悪玉コレステロールが増えやすい状態になってしまいます。善玉コレステロールが少なくなってしまうには遺伝などの要因もありますが、ストレスや喫煙などの嗜好品が原因となることもあるようです。

・高トリグリセリド血症
脂質の中でも中性脂肪が多いタイプは、高トリグリセリド血症になります。悪玉コレステロールが多すぎて、善玉コレステロールが少なすぎる場合にも、高トリグリセリド血症と診断されることが多いようです。このタイプの脂質異常症はメタボリックシンドロームの危険因子が多いため、肥満になりやすかったり、高血圧や糖尿病などを引き起こしやすいという特徴があります。食べ過ぎが原因で発症することが多いので、徹底した食事制限や定期的な運動を続けることで少しずつ改善することができます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脂質異常症対策館]について

脂質異常症の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、分類や診断基準、食事との関係やサプリでの改善方法に、家族性脂質異常症についてや糖尿病との関係等など、脂質異常症について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。♪
フィットネスジャパンHealthcare [脂質異常症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ