脂質異常症の診断基準

脂質異常症の診断基準について

血液中に含まれている脂質の量が増えすぎてしまう脂質異常症。血液の中にはいろいろな成分が含まれていて、脂肪細胞もその中の一つです。血液中の脂質は1種類ではなく、いくつかの種類があります。例えば、善玉コレステロール、悪玉コレステロール、そして中性脂肪など。これらの脂質は、まったく異なる働きをしているため、同じものとして考えることはできません。

血液中に含まれている脂質の中でも、善玉コレステロールは、体にとって良い脂質です。善玉コレステロールは血液中の悪玉コレステロールを分解してくれる役割をしているため、血液中にもたくさん存在していてほしい脂質。しかし、喫煙やストレスなどの生活習慣によって破壊されやすいという特徴があります。血液中の善玉コレステロールの数が少なくなると、悪玉コレステロールが増えやすくなり、それが結果として脂質異常症を引き起こしてしまいます。善玉コレステロールの値が少なすぎる場合にも、脂質異常症と診断されることがあります。

悪玉コレステロールは脂質異常症の中でも合併症を引き起こしやすいタイプの脂質なので、要注意。血液検査をして、悪玉コレステロールの値が140mg/dl以上の場合には、脂質異常症と診断されます。悪玉コレステロールは血管の壁にこびりつきやすいという特徴があるため、放置しておくとあちこちの血管が細くなって詰まりやすくなったり、サラサラのはずの血液が脂質によってドロドロになり、細い血管をドロドロの血液が通り抜けることができずに、末端の神経に血液がいかなくなることも考えられます。そのため、脂質異常症と診断される中でも、この悪玉コレステロールの数が多い場合には、早急な治療が必要となります。

血液中には、中性脂肪というタイプの脂肪も含まれています。中性脂肪は悪玉コレステロールのように血管を詰まらせてしまうわけではありませんが、肥満や高血圧などのメタボを引き起こしやすいタイプの脂質です。そのため、中性脂肪の量が多い人は、これからのメタボ発症を防ぐために、食事療法や運動療法を行うことが必要になります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脂質異常症対策館]について

脂質異常症の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、分類や診断基準、食事との関係やサプリでの改善方法に、家族性脂質異常症についてや糖尿病との関係等など、脂質異常症について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。♪
フィットネスジャパンHealthcare [脂質異常症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ