脂質異常症のガイドライン

脂質異常症のガイドラインについて

血液中の脂質バランスが崩れてしまうことによって発症する脂質異常症は、健康診断などで血液検査をしなければなかなか見つけることができない生活習慣病です。自覚症状もほとんどないので、脂質異常症が脳梗塞や動脈硬化、心臓発作などを起こすまで、自分が脂質異常症を持っていたことすら知らなかったということも少なくありません。そのため、定期的に健康診断を受けて自分の健康状態を把握するだけでなく、自分の血液の状態も、できれば把握しておきたいものです。

脂質異常症と診断されるためには、ガイドラインを基にして、いくつかの診断基準が用いられています。

・コレステロール値
通常の健康診断では、血液検査をしてコレステロール値をチェックし、その数値によって脂質異常症かどうかを診断されます。コレステロールの中には善玉コレステロールや悪玉コレステロールなど、いくつかの種類がありますが、すべて含めてコレステロール値として取り扱われています。日本人のコレステロール値は、130mg/dl〜200mg/dl程度なら正常値といわれていて、この数値を超えてしまうと薬物治療が必要になります。コレステロール値は年齢によっても正常値が異なり、老化現象によってどうしても脂質が増えやすくなってしまうことから、シニア世代では正常値の上限が220mg/dlまで引き上げられて診断されることもあるようです。

血液検査では、コレステロール値だけではなく、血液中の脂質のバランスも測定できます。そして、自分がどのタイプの脂質異常症なのかも診断されます。

悪玉コレステロールは健康な人でも持っていますが、その数値が70〜120mg/dlなら正常、それ以上なら脳卒中などのリスクが高くなってしまうので、すぐに治療をスタートしなければいけません。また、悪玉コレステロールを撃退してくれる善玉コレステロールの値が45mg/dl以下でも、善玉コレステロールの働きを活性化するための治療が必要になります。

脂質異常症のガイドラインはあくまでもガイドライン。その人の体質などによって、同じ数値でも症状を重く考えなければいけない人もいるので要注意です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脂質異常症対策館]について

脂質異常症の原因や症状ついての基礎知識をはじめ、分類や診断基準、食事との関係やサプリでの改善方法に、家族性脂質異常症についてや糖尿病との関係等など、脂質異常症について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。♪
フィットネスジャパンHealthcare [脂質異常症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ