ストレスと腰痛

ストレスと腰痛について

「最近、腰が痛いな〜」
なんて感じることが多い人は、もしかしたらストレスが原因の腰痛にかかっているかもしれません。ストレスと腰には、一見何の関係もなさそうに思えますが、万病の元でもあるストレスによって腰痛が引き起こされるケースは珍しくありません。

慢性的なストレスを感じると、体内にどんどんストレスが蓄積されていき、自律神経のバランスがおかしくなってしまいます。自律神経は全身の神経をコントロールしているため、自律神経の機能がおかしくなると、全身のどこに異常が出ても不思議ではありません。肌に湿疹ができたりすることもあれば、免疫機能が低下して病気にかかりやすくなることもあります。また、肩こりや腰痛などの筋肉に影響が出ることもあります。

ストレスによって腰痛が起きる場合には、ストレスが原因で全身の血行が悪くなり、それが腰痛を引き起こしていることが多いようです。腰痛と同時に肩こりもひどいという場合には、血行不良による腰痛と考えるとよいでしょう。

体の中心にある腰に痛みを感じると、日常生活にも支障が出やすくなってしまいます。ストレスを軽減すれば血行も良くなってきますが、慢性的なストレスによって起きている腰痛なのですから、いきなりストレスを解消しろと言われても難しいですよね。

ストレスによる腰痛は、整形外科や心療科で治療を受けることができます。整形外科では腰痛という痛みに対しての治療を行い、筋肉のコリをほぐして、血行を良くするための治療が行われます。針灸治療や整体なども、筋肉のコリをほぐして血行を良くするという意味では効果があるかもしれませんね。

一方、診療科では、心のストレスに対する治療を行います。カウンセリングなどが代表的な治療ではないでしょうか。自分が不満に思っていることや不安なことを、カウンセリングの医師に聞いてもらうことによって、ストレスを解消したり、自分自身の気持ちを整理することができます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ