ストレスと蕁麻疹

ストレスによる蕁麻疹について

蕁麻疹(じんましん)とは、ストレスなど精神的な原因で皮膚にブツブツができる皮膚疾患です。何かが肌に接触したり、体内に入ることで体がアレルギー反応を起こした時にできるブツブツと比べ、心因性の蕁麻疹はストレスが原因なので、体の一部だけではなく全身に突如現れることが多いようです。

心因性の蕁麻疹ができるのは、急激にストレスを感じた時が多いようですね。生活環境が突然変わってしまった時、精神的なショックを受けた時などには、体がそのストレスを受け止めることができなくなってしまい、蕁麻疹という症状が現れることも多いようです。また、慢性的なストレスによって体が常にストレスを感じている場合には、蕁麻疹も慢性的になることがあるようです。

ストレスが原因で起きる蕁麻疹は、体にブツブツができて赤くなり、痒みも伴います。無視に刺されたときにできる腫れと比べると、一つ一つのブツブツが大きく、全身のあちこちにできたブツブツ同士がつながって、赤く大きく腫れたようになることも多いようです。

こうした蕁麻疹は、ストレスの原因が解消されれば数時間でスーッとひいてなくなることも多いのですが、ストレスの原因がずっと持続すると、蕁麻疹もずっと持続してしまうこともあります。とにかく痒くて我慢できませんし、そのかゆみやブツブツが更なるストレスを引き起こしてしまいますから、医者に処方箋をもらうか、ドラッグストアなどで市販されている抗ヒスタミンのかゆみ止めを使うか、とにかく痒みを抑えてストレスレベルをさらに上げないような対処が必要です。

虫刺されやアレルギー反応の場合には、ブツブツができてかゆい部分だけにかゆみ止めのクリームを塗ればよいですよね。しかし、心因性の蕁麻疹だと、全身のあらゆる部分にブツブツができるので、クリームよりも内服薬タイプのかゆみ止めのほうがおすすめです。全身を流れている血液の中にかゆみ止め成分を入れてあげることによって、スピーディに全身のかゆみを抑えることができます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ