ストレスが原因による膀胱炎

ストレスが原因による膀胱炎について

万病の元でもあるストレスは、いろいろな症状や疾患を引き起こします。トイレにずっと行かずに我慢していると発症することでも知られている膀胱炎は、実はストレスが原因で起きることもあるようです。膀胱炎とは、膀胱部分で炎症が起きてしまう疾患。細菌やウィルスが膀胱に入り込むことによって、炎症が起きるというメカニズムで発症するのですが健康な体の人なら、ウィルスや細菌なども体が本来持っている免疫機能によって撃退されるため、それほど簡単に膀胱炎を起こすことはありません。

しかし、慢性的なストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れてしまうために、免疫力が低下してしまいます。つまり、ウィルスや細菌などが体に侵入しやすい状態になってしまうわけですね。そうすると、膀胱に侵入してきたウィルスや細菌によって炎症を起こし、膀胱炎になりやすくなってしまうようです。

体の免疫力は、ストレスを感じた時だけに低下するわけではありません。疲れがたまっていたり、体調が良くない時に無理をしても、免疫力はガクンと低下してしまいます。そのため、膀胱炎だけではなく、風邪をひきやすくなったり、体のいろいろな部分に異常が出ることも少なくありません。

膀胱炎になってしまったら、それがストレスによって引き起こされたものでもそうでない場合でも、すぐに泌尿器科を受診するようにしてください。薬を処方してもらえば、数日間で膀胱炎を完治することができます。また、膀胱の内部に存在しているウィルスや細菌をスピーディに体外に排除するためにも、膀胱炎にかかっている時にはできるだけ水分補給を多く行うことも良いようです。膀胱炎になると、排尿の時に痛みを感じるため、どうしても水分補給を控えてしまいがち。しかし、ウィルスや最近は体外に出さなければ膀胱炎を完治することができません。そのためにも、薬を飲んで炎症を抑えながら、尿の回数を増やして膀胱炎をスピーディに治療するようにしてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ