ストレスによる失声症

ストレスによる失声症について

ストレスによって声が出なくなってしまうことがあります。失声症と呼ばれるこの疾患は、言葉が出にくくなる失語症とよく似ていますが、実は疾患が起きる原因もメカニズムもまったく異なります。失語症は脳の機能が低下する疾患なのに対し、失声症の場合には、ストレスなどの心因的な原因によって自律神経がバランスを崩し、声を出すというメカニズムが正常に機能しなくなってしまうために引き起こされる心因性の疾患です。

ストレスが原因で声が出なくなる場合には、まったく声が出なくなってしまうというケースもあれば、風邪を引いた時のようにガラガラ声になってしまったり、囁くぐらいの小声歯科でなくなってしまうというケースもあります。また、無意識のうちに独り言を話すのは問題なくても、他人を目の前にしてコミュニケーションを取ることができなくなってしまうケースもあるようです。

ストレスが原因の失声症は、基本的には自然治癒を待つことになります。ストレスのレベルやその他の要因によって、失声症がどのぐらいの時間続くのかには個人差がありますが、早い人なら数時間で声が戻るようです。しかし、声を失った状態が長く続く場合もあり、半年以上も声を失ったままになってしまうケースもあり、日常生活に支障をきたすことも少なくないようです。そのような場合でも、失声症の場合には治療できる薬はありません。

ストレスが原因の疾患なので、失声症の治療は臨床心理士や心療科のドクターによるカウンセリングを行うことになります。カウンセリングを受けながらストレスを解決する糸口を探ったり、不安や心配事、悩みなどをカウンセリングでケアしながら、心の平穏を取り戻すための治療が行われるようです。

失声症は、一時的な症状です。声が出ない状態が長く続いても、それによってコミュニケーション能力までも失ってしまうというわけではありません。ガッカリする気持ちは当然ですが、あまり悲観せずに、そのうち声が戻るさ、と気楽に構えながら、ジェスチャーなどを使って他人とコミュニケーションを取るように努めましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ