ストレスによる摂食障害

ストレスによる摂食障害について

ストレスを感じると、私たちの体は自律神経のバランスが崩れやすくなってしまいます。自律神経が崩れると全身のいろいろな部分に異常が起きてきますが、その中の一つに「摂食障害」があります。摂食障害は分かりやすく言えば「拒食症」や「過食症」のことで、職場や学校、家庭、人間関係など様々なストレスが原因で引き起こされることが多いようです。

ストレスによる摂食障害が起きると、体重が20%異常も急激に痩せてしまったり、逆に、突然大食いになって他人から隠れて食べるような症状も起きてきます。拒食症と過食症は紙一重で、自分自身のストレスによってどちらが引き起こされるのかはわかりません。拒食症の人が治療中に過食症を引き起こしたり、拒食症と過食症を交互に繰り返すケースも珍しくないようです。

ストレスによって体重が異常なほどに変化するのは、以前ではダイエットに敏感な30歳以下の女性に多かったようです。しかし近年では、30歳以上の女性にも発症するケースも増えているため、必ずしも年齢や性別によって摂食障害が起きやすいかどうかを判断できなくなっています。

ストレスによって食欲が増したりなくなったりして、それが急激に体重に反映されるようになると、いくつかの治療が必要になります。

・身体的な治療
自分自身ではなかなかコントロールできない自律神経なので、家族など周囲がカロリー調整をしながら健康的な食生活を送れるようにサポートしてあげる治療が必要になります。

・行動療法
「食」という行動の間違いを正して、正しい方法を再学習するという治療法が必要になります。

・認知高度療法
摂食障害を起こす人の多くは、体重に関してゆがんだ認識をしているので、それを客観的に認知する行動療法が必要です。

・家族療法
家族関係の中で健康で平穏な精神状態を取り戻すための治療療法です。

・心理療法
ストレスと向き合う方法を工夫したり対処しながら、自分自身の心の成長をサポートするための治療です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ