ストレスと上手につきあうコツ

ストレスと上手につきあうコツについて

日本の国民病でもあるストレスは、小友から大人まで日本国民のほとんどが慢性的に感じています。ストレスを感じない体質に今すぐに改善しろと言われてもなかなかできることではありませんから、できるだけ自分を取り巻くストレスと上手に付き合うコツを覚え、ストレスを体内にため込まないように工夫したいものです。

ストレスと上手につきあうには、考え方や価値観のハードルを下げることがおすすめ。自分自身に対するハードルも、そして他人に対するハードルも低く下げてみましょう。そうすることによって、失敗をした時にもクヨクヨすることが少なくなりますし、分からないことは素直に他人に聞くことができるようになるかもしれません。

誰でも、人生の中で嫌なことを経験することは少なくありません。そんな時、クヨクヨ悩んだり考えたりするのはNG。嫌な事はさっさと忘れて気持ちを切り替えてしまいましょう。考えることでその事が解決できるのなら、考える価値もあるでしょう。しかし、そうでない場合には、考えるだけ時間のムダです。

仕事をしていれば、上司に叱咤されることもあるはず。そんな時、失敗した自分を責めたり、クヨクヨするのはNGです。人間は失敗することによって経験を積むことができます。失敗しなければ経験値が上がらないのです。失敗して怒られたことは、自分が成長できる絶好のチャンスだと前向きに考えれば、怒られることもそれほど抵抗がなくなるかもしれませんよ。

周囲との付き合い方も大切です。ストレス耐性の強い人は、広く浅く、できるだけ敵を作らないように上手に世渡りしています。困ったときには他人を頼り、他人が困っている時には自分が協力するように心がけていれば、自分の周囲には助け合える人たちが集まってくるはず。利害関係を無視した助け合いの精神を持つことができれば、ストレス耐性を強くすることができます。

職場とは別の場所に友達を持つことも、ストレスと上手に付き合うためには効果的です。趣味のサークルなどで友達をたくさん作ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ