ストレスとみぞおちが痛み

ストレスとみぞおちが痛みについて

みぞおちとは、ちょうど胃のある部分。食べ過ぎたり飲みすぎたりすると、胃があるみぞおちの部分が痛くなることもありますが、ストレスを感じてもみぞおちが痛くなることがあります。おなじ「みぞおち」の痛みでも、食べ過ぎとストレスとでは、痛みを引き起こしている原因が異なるので気を付けましょう。

ストレスによってみぞおちが痛くなっている場合には、精神的なストレスによって自律神経がバランスを崩してしまっていることが考えられます。自律神経のバランスは自分で目に見えるものではないため、自分では気づかない間にバランスを崩してしまっていることも少なくないようです。心配事や不安を抱えているだけでなく、疲れがなかなか取れなかったり、無意識のうちに負担やプレッシャーに感じていることがあっても、デリケートな自律神経はバランスを崩してしまいます。

また、冷暖房の効きすぎも、自律神経のバランスを崩してみぞおちが痛くなることがあるので注意しましょう。冷暖房が効いている室内は快適ですから、ストレスを感じないのでは?と思いがち。しかし、室内と屋外の気温があまりに違うと、それが胃腸や小腸などの消化器官にとって負担になり、それが自律神経のバランスを崩してしまう引き金になるのだそうです。

みぞおちの痛みは、ストレスを強く感じる時に起きることが多いようです。ストレスの原因がなくなれば痛みも自然となくなることが多いのですが、慢性的なストレスによってみぞおちの痛みも慢性化してしまうと、それが別の疾患を引き起こすこともあるので気を付けましょう。

ストレスによって引き起こされ、みぞおちの痛みを伴う疾患には胃炎や胃潰瘍などの胃腸疾患が多いようです。急性胃炎や神経性胃炎などの胃炎は、胃の粘膜がただれてしまうことで痛みを引き起こしていたり、自律神経のバランスが崩れてしまい、その負担が胃腸に来ていることが多いようです。

慢性的に強度のストレスを感じていると起きる疾患である胃潰瘍は、粘膜がただれるだけではなく、胃に穴が開いてしまう疾患。治療が必要になりますから、みぞおちあたりにズキンという痛みを感じたら、すぐに医師の診察を受けてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ