ストレス性の動悸の改善

ストレス性の動悸の改善について

動悸とは、ふとした拍子に心臓がバクバクしてしまう症状。健康な人でも何かのきっかけで動悸が起きることはありますが、激しいスポーツをした時などにおこるタイプの動機は誰でも一度や二度は経験したことがあるのではないでしょうか。体を動かしたときに起きる動悸は一般的ですが、場合によっては、椅子に座っているだけなのに突然動悸が始まってしまうようなケースもあります。

動悸を引き起こしている原因にはいろいろなものがありますが、ストレスによって動悸が引き起こされることも少なくありません。不安や心配なことがあると動悸が起きるような場合には、ストレス性の動悸だといえるでしょう。例えば、大勢の前で意見を述べたり、プレゼンテーションを行うような場合には、不安や緊張などの感情が入り乱れ、それがストレス反応として動悸になることもあるようです。

動悸そのものは、日常生活に支障をきたすレベルでなく、すぐに収まる程度のものなら、特に心配はないと言われています。しかし、極度のストレスが慢性的に続くと、それが慢性的な動悸を引き起こしてしまうこともあります。ストレスによる動悸は、ストレスが解消されれば自然と解消されることが多いのですが、ストレスがひどくなれば動機も頻繁に起こりやすくなったり、動悸がどんどんひどくなってしまうケースもあるので、「たかが動悸」だからと安心しないようにしましょう。

動悸がひどくなったり、頻繁に起きる場合には、もしかしたらストレスではない別の疾患かもしれませんから、医師の診察を受けてみてくださいね。

ストレス性の動機を改善するには、できるだけストレスを体内に蓄積しないような工夫も効果的です。趣味の時間に没頭したりスポーツをしたりするだけでもストレス解消ができますし、動悸が起きてしまうような場面でも、何回も経験して場馴れすれば、動機も起きづらくなります。また、失敗してもくよくよせずに、次はどうにかなるさ、ぐらい気楽に構える姿勢も大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ