ストレス性の腸炎の症状

ストレス性の腸炎の症状について

慢性的なストレスが続いたり、極度のストレスを感じたりすると、自律神経のバランスが崩れて胃腸や腸などの消化器官でトラブルを起こしてしまうこともあります。その中でも、ストレス性の腸炎は、放置しておくと生命の危険も伴ったりする場合があるので、注意が必要です。

ストレスによって引き起こされやすい腸疾患として知られている腸炎は、急に腹痛や下痢などを起こしたり、下血することによって発症するケースが多いようです。軽度の場合には薬を服用して治療することもありますが、日常生活に支障をきたしたり重度の場合には、入院治療が必要になります。

腸炎にもいろいろな種類がありますが、その中でも最も危険なのは、壊死型と呼ばれている腸炎。このタイプの腸炎は発症する確率は高くはありませんが、放置してしまうと腹膜炎に発展する可能性が高いため、すぐに入院して緊急手術を行うことになります。自分の腸炎がどのタイプなのかを素人判断するのは危険です。下血がなかなか収まらない場合には、専門家の診断を受けて、治療を始めるようにしてくださいね。

ストレス性の腸炎には、下痢や便秘などの症状があります。腸炎を起こしてしまうほどのストレスなのですから、自分自身でストレスを感じているという自覚もあるかもしれませんね。下痢と便秘、腸炎ではどちらが起きる可能性もあり、下痢と便秘を交互に繰り返す人もいるようです。普段から便秘がちな女性や、筋力が弱いシニア世代などは腸炎によって、さらに便秘が悪化してしまうこともあるようです。

普段は便秘をしない人が便秘気味になったり、昨日は下痢で今日は便秘、と普段とは違うなと感じたら、ストレス性の腸炎かもしれません。食物繊維を積極的に食べるなどして便秘解消胃勤めながらも、症状が改善されない場合には念のために医師の診察を受けるようにしてくださいね。放置していることがストレスを大きくしてしまうかもしれませんし、医師の診察を受けて安心できればそれがストレスの軽減にもなるかもしれません。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [ストレス対策館]について

ストレスの原因や症状ついての基礎知識をはじめ、さまざまな解消法やストレスを軽減する食べ物の紹介、そして動悸や蕁麻疹、手のしびれとの関係について等など、ストレスについて幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [ストレス対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ