痛風とは

痛風について

生活習慣病の一つでもある痛風。痛風とは、尿酸という成分が血液中や関節に蓄積されることで痛みが発生してしまうという疾患です。尿酸というと、尿を我慢していると発症してしまいそうなイメージもありますが、まったく異なります。尿酸とは、食べ物に含まれているプリン体という成分が体内で分解されるときに発生する副産物で、プリン体を含んでいる食品をたくさん食べている人ほど、副産物としての尿酸も多く発生するため、痛風にかかりやすくなります。

食べ物に含まれているプリン体を摂取すると、体内で分解されます。この時に尿酸が作られるわけですが、尿酸は腎臓というフィルターを通って膀胱に送られ、最終的には尿として排出されます。しかし、尿酸が膀胱に送られずに血液中に残ってしまったり、尿として排出されずに体内に残ってしまうと、それは血液中に戻されてしまいます。つまり、過剰な尿酸は血液中に蓄積されてしまい、血液中の尿酸の濃度がどんどん高くなっていくわけですね。

血液中の尿酸の濃度が一定濃度以上になると、血液中に尿酸の結晶ができやすくなります。血液中の白血球は、この尿酸の結晶を異物とみなして攻撃するため、結晶ができている部分の周辺組織が炎症を起こし、痛くなるというわけです。尿酸の結晶ができやすいのは、関節部分や、手や足の指などの体の末端部分。血液の流れがよどみやすいからでしょうか、そうした部分に尿酸の結晶ができると、それが痛風となり、痛みを感じるようになります。

痛風の原因となる尿酸。その尿酸を作り出しているプリン体。プリン体は食べ物によって摂取されるため、痛風にならないためにはプリン体の摂取を徹底的に控えるのが有効です。アルコール、脂質の過剰摂取を控えるとともに、血液中で尿酸の濃度が高くならないように十分な水分補給を行うことも、痛風の予防につながります。

適度な運動も、血液中の脂質を燃焼して尿酸がスムーズに膀胱から排出される作用を促進してくれるので、痛風予防には有効です。ただし、すでに痛風で痛みがある場合には、痛みを我慢して運動をするのはお勧めではありません。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ