薬での痛風治療

薬での痛風治療について

痛風は、わずかに手足の関節が痺れるぐらいの初期症状なら、食事療法や運動療法、サプリなどで改善することも可能です。しかし、そうした初期症状に気が付かないまま症状が進行してしまったり、ある日突然に痛風の発作が起きたりすると、日常生活を普通に送るどころか、歩行するにも困難なほど、関節部分が赤く腫れあがって痛みを伴います。その場合には、食事や運動、サプリのように時間をかけてゆっくりと治療することができないので、薬によるスピーディな治療が必要となります。

痛風の治療は、過去に痛風の発作を起こしたことがあれば、再発した場合には症状がマイルドでも薬物治療が考慮されます。過去に痛風の発作を起こしたことがなくても、こう血圧だったり高脂血症だったり、肥満だったり、痛風が悪化する要素が多かったり、合併症を起こしやすい状態だったり、他の血液疾患を抱えている場合などには、速やかに痛風を治療するために薬物治療が検討されることになります。その他にも、医師の診断を受けた時に、血液中の農産濃度を計測し、明らかに重度の痛風と診断された場合でも、薬物治療が行われます。

痛風の治療には、血液中の尿酸を尿として排出するための薬と、尿酸が作られないようにするための抑制剤が使われることが多いようです。尿酸を作りにくい体質へと改善するための尿酸降下薬には、ザイロリックやアロプリノームなどがありますが、長期間続けることが必要です。一方、尿酸を尿として排泄しやすくする作用を持つ尿酸排泄促進剤には、プロペネシドやベンズブロマロンなどの治療薬が使われることが多いようです。ただし、腎障害を合併している場合や、尿路結石が起きている場合などには、尿酸排泄促進薬は使えないので、尿酸降下薬を使っての治療が選択されます。

痛風の薬物治療は、痛風の症状を抑制すると同時に、起こり得る合併症を抑えるためにも、できるだけ速やかに早期治療を始めることが大切です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ