病院での痛風治療

病院での痛風治療について

痛風は、手や足の関節がわずかに痺れるぐらいなら、食生活を改善したり、生活習慣を見直すことによって症状を改善できることもあります。しかし、そうした改善することなしに、自然治癒することはありませんし、痛風の進行が一定レベルを超えてしまうと、自然治癒は難しくなってしまいます。そのため、痛風の自覚症状が出ている場合や、なんとなく痛風のような気がするという場合でも、念のために病院に行ってみましょう。痛風の発作が起きてしまってからでは、歩行することすら困難になってしまいます。

痛風は、一体どこの診療科に行けばよいのか迷ってしまいますよね?手足の関節部分だから整形外科かなとか、初期症状で神経がビリビリしているから神経科かなとか、いろいろ考えながら診療科を選ぶ人も多いもの。もちろん、整形外科でも神経科でも良いのですが、正確には内科の対応となります。リウマチ科という診療科がある病院なら、リウマチ科でも治療を受けることができますよ。

もし痛風で整形外科を受診した場合、そこでももちろん治療を受けることはできます。ただし、整形外科ではあくまでも外科的な治療となるので、食事療法や運動療法などの指導を受けることはできませんし、万が一合併症を起こしているかどうかも検査することはできません。痛風の症状がある程度進行してしまっている場合には、放置しておくのは心配ですし、長期にわたる治療が必要な場合には、整形外科を受診した人でも、内科やリウマチ科を受診しなおすという方法もおすすめです。

痛風で最も心配なのは、発作が起きる可能性があるという事と、腎疾患などの合併症を起こす可能性があるという事。早期発見で早期に治療をスタートできれば、食事指導や生活指導で済む場合もありますし、通院で薬物治療を行うことも可能です。しかし、発作が起きたり腎疾患の合併症状を起こしてしまうと、場合によっては入院治療となることもあるようです。そうならないように、早期治療が肝心なのです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ