痛風の症状:つま先が痛い

痛風の症状:つま先について

痛風では、ほとんどの場合、自覚症状が出ます。しかし、初期症状がいつどんな風に、どのぐらい出るかは個人差があるため、手や足の指が痺れるような自覚症状が起きても、気づかずに放置してしまう人も少なくありません。痛風を早期発見できるチャンスでもある自覚症状は、できるだけ注意して気づきたいものですが、自覚症状を逃してしまうと、しばらくしてから痛風の発作が起きたりすることもあるので要注意です。

痛風の初期症状には、手足の指先の感覚が普段とは違うというものがあります。痛風が起きている場所に、マイルドな痛みを感じるという人もいれば、ずっと正座していた時のような感じで指先が痺れるような症状を感じる人もいます。また、つま先がなんとなく痛いという人もいれば、しもやけのように痛痒いという症状を感じる人もいます。痛いのか、ビリビリするのか、腫れるのか、自覚症状の感じ方には個人差がありますが、普段とはなんとなく違う感覚だと感じた場合には、もしかしたら痛風かもしれないと、疑ってみることも必要です。

痛風の初期症状が始まると、そこから1週間〜2週間ぐらい、不快な症状が起きたりやんだりすることも多いようです。例えば、つま先が痛いと感じる人もいれば、関節がなんとなく痛くて、足の指がきちんと曲げられないという人もいます。また、しもやけのように足が赤く腫れて、熱を持ったような感じだと感じる人もいるようです。普段からしもやけになりやすい人は、しもやけなのか、それとも痛風の初期症状なのかを判断するのも難しいのですが、うっかり見過ごさないようにしたいものです。

また、痛風の発作が起きる前には、つま先が痛いという感覚を感じる人が多いようです。これは、足の指を曲げようとした時につま先が痛くなるのかと言えば、必ずしもそういうわけではなく、靴を履くとき、靴下を履くときのように、あまり足の指に負担がかからない作業をするだけでも、痛いなと感じるケースも少なくないようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ