痛風の症状:かかと

かかとの痛風の症状について

痛風では、約70%の人は、足の指の付け根や関節部分に発症しますが、残りの30%は、足首や踵など、「そんなところに発症することもあるの?」と思われるような部位に発症します。長距離を歩けば誰でも痛くなる「かかと」、土踏まずの部分、くるぶしの部分などは、普段の生活の中でも筋肉疲労を起こしやすく、筋肉が疲れやすい部分なので、痛風の初期症状が起きていても気づかないまま放置してしまうケースも少なくありません。

普段と同じ生活をしているのに、なんとなくかかとが痛いような気がするという場合には、とりあえず内科もしくは整形外科、リウマチ科などを受診してみてください。痛風の治療は、食事療法や生活指導なども含め、リウマチ科もしくは内科で行われていますが、整形外科でも痛風かどうかはすぐに診断してもらえます。覚えておきましょう、痛風の痛みは、時として骨折よりも痛く、歩行困難になってしまうほどの激痛になることも少なくありません。場合によっては、風があたるだけでも激痛が走るというケースもあります。

痛風は、血液中に尿酸が過剰に残ってしまい、尿酸濃度が高くなりすぎることによって尿酸が結晶になってしまうことが原因です。どこに尿酸の結晶ができるかによって、痛風がどこに起きるかが決定されるわけですが、尿酸の結晶ができやすいのは、酸性レベルの高い部位や、タンパク質が少ない部位などが多いようです。具体的には、良く動かす部分は痛風になりやすいと言われています。かかとや足首、くるぶしなどは、普段からよく歩く人なら該当する場所なので、気を付けましょう。

痛風で怖いのは、いつ発作が起きるかわからないという点です。寝ている時に発作が起きたり、在宅中に発作が起きるなら、すぐに救急車で病院に行くこともできますが、仕事中や移動中に発作が起きると、一大事。発作が起きない前に早期発見して治療を行うためにも、わずかに出る初期症状には敏感に気づきたいものですね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ