痛風の症状:膝の痛み

膝の痛風の症状について

痛風は、血液中で酸性になりやすい場所や、タンパク質が少ない場所に起こりやすいと言われています。良く動かす部分は痛風になりやすいということになりますが、その中でも、もともと膝の痛みを抱えているような人は、その部分がウィークポイントになって尿酸結晶ができやすくなるので注意が必要です。

痛風は、足の指の付け根や関節部分に起きやすい疾患ですが、必ずしも足の指に発症するというわけではありません。足首や踵、くるぶし、場合によっては膝に起きることもあります。痛風には自覚症状もありますが、体の部位の中でも良く動かすことが多い足では、初期症状が出ても気づかずに放置してしまうケースも少なくありません。そのため、ある日突然、痛風の発作が起きてから病院に駆け込むという人も多いのです。

痛風によって膝が痛くなるケースは、慢性的な痛風の症状が悪化して、膝が痛くなってしまうというケースもあれば、痛風の発作によって突然痛くなるというケースがあります。どちらの場合でも、痛みを我慢しながら日常生活をそのまま送ることは困難ですし、患部となるひざが 赤く腫れてしまったり、熱を持ったり、空気や風があたるだけでも激痛が走るほどの痛みとなるため、無理に生活を続けるのではなく、速やかに専門家に診せて治療をスタートしたほうが良いでしょう。

普段の生活でも酷使する膝の痛みは、痛風と診断されたらすぐに薬物療法を行うことが多いようです。血液中の尿酸濃度がそれほど高くない場合には、食事用法や生活指導などで自宅で治療するケースも多いのですが、膝の場合には、普段の生活の中で特に酷使する場所なので、万が一の発作を考え、薬物療法でスピーディに治療をしたほうが安心ですね。

もともと膝の痛みを抱えている人にとっては、痛風の発作が起きても気が付かないというケースもあります。ただの関節痛でも痛風でも、膝が痛くて日常生活に支障が出るというのは普通ではありませんから、速やかに専門家に診せて、適切な治療を受けてくださいね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ