痛風の原因

痛風の原因について

血液中に尿酸が大量に蓄積されてしまうことによって、それが結晶となり、白血球が異物だとみなして攻撃するのが、痛風のメカニズム。血液中に尿酸が過剰に浮遊しなければ痛風にもかからずに済むわけですが、痛風にはどのような原因があるのでしょうか?

痛風の最大の原因は、食生活にあります。プリン体を多く含んでいる食材をたくさん食べると、プリン体が体内で分解される際に発生する尿酸が分解しきれずに、血液中に残ってしまうことになります。それが痛風の原因となるので、痛風を予防するためには、プリン体を多く含んでいる食品はできるだけ食べないようにすることが有効です。

プリン体を多く含む食品は、カツオ、エビ、鰹節、煮干しなどの魚介類が多いのですが、レバーやホルモンなどの内臓系にも多く含まれていると言われています。また、ヘルシーな食品というイメージしかない干ししいたけなども、実はプリン体が多く含まれている食品。痛風を予防するためには、こうした魚介類、内臓系、乾物は避けたほうが良いのかもしれませんね。一方で、プリン体があまり多くない食品には、野菜や穀物、フルーツ、海藻などがあります。

ストレスも、痛風の原因となります。人間はストレスを感じると、体内で異常なエネルギー代謝が行われ、体内に大量の尿酸が作られてしまいます。すべての尿酸が尿として排出できるわけではないため、排出されなかった尿酸が血液中にどんどん蓄積されて、痛風の原因となってしまうわけですね。慢性的なストレスを感じている人の場合には、慢性的に尿酸がどんどん血液中に蓄積されていくというわけですから、痛風リスクもかなり高いと言えるでしょう。

肥満体型も痛風リスクが高くなる原因です。実際に痛風になる患者さんの多くは、肥満体型の人。運動不足や偏った食生活など、肥満の原因と痛風の原因には共通する部分も多いため、肥満になるような食生活をしている人は、痛風にもなりやすいと言っても良いのかもしれません。

肥満を防ぐために適度な運動をしたり、食生活を見直すことは、肥満を防ぐだけではなく、痛風の予防や改善にもつながるので、まさに一石二鳥です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ