痛風の前兆

痛風の前兆について

痛風とは、血液中に尿酸が少しずつ蓄積され、一定の尿酸濃度に達すると結晶を作ってしまうという疾患。血液中のパトロールをしている白血球にとっては、尿酸の結晶は異物と判別してしまうために、白血球が尿酸結晶をやっつけようとして攻撃、炎症をおこしたり痛みを伴うことになります。痛風の初期症状には、手足の指の関節のあたりがしびれるようにビリビリしたり、痛くなったりするというものがありますが症状の出方は人それぞれですし、うっかりしていると初期症状に気づかないまま放置してしまい、痛風の発作が起きて初めて気づくというケースも珍しくありません。

痛風は、血液中に尿酸が蓄積されることが原因で起きます。尿酸の蓄積は一朝一夕にして起きるわけではなく、長い年月をかけて少しずつ蓄積されていくわけですが、前兆みたいな症状があれば、発作が起きる前にキャッチして、病院に足をはこぶこともできるかもしれませんよね。

痛風の前兆は、初期症状ととてもよく似ています。初期症状は前兆よりもはっきりとした症状が出ますが、1週間〜10日ほど続いたらなくなってしまったりすることもあるため、自覚できる症状のレベルは違っていても、長く続く前兆の段階で気づいたほうが、早期発見と早期治療がしやすいのではないでしょうか。

痛風の前兆には、足の指の付け根、足首、くるぶし、踵など、足の関節部分が熱を持ったり、なんとなく痛いような気がしたりするという症状があります。また、しもやけにかかった時のように足がムズムズしたりチリチリしたり、痛痒かったりするのも、もしかしたら痛風の前兆かもしれません。普段とは違う感じになれば、誰でも違和感を感じると思いますが、放置してしまうと前兆や初期症状に気が付かずに痛風が進行してしまったりするかもしれませんから、できれば念のために医者に行くようにしましょう。

痛風の前兆が起きている段階で医師に診せても、痛風になりかけているかどうかは診断できます。そして、コルヒチンという薬を服用することによって痛風の発作を抑えたり、症状を改善することも可能になります。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ