痛風の発作

痛風の発作について

痛風の発作は、ある日突然起こります。多くの場合には、体が疲れている時間帯に起こるため、夜中や朝方のように、寝ている時間に起こることが多いのですが、必ずしも寝ている間に起きるというわけではありません。痛風の発作が起きる場合には、その数時間前に前兆のような症状が起きるので、そこで気づく人も多いようです。例えば、寝る前になんとなく足の指先がピリピリするような感じがいて、おかしいな、違和感があるなという感じがあり、そのまま寝てしまうと夜中から明け方にかけて発作が起きて飛び起きる、ということになります。

夜寝る前は、一日の仕事や生活で誰でもクタクタに疲れていますから、少しぐらい足の指先がピリピリした所で、疲れているし眠たいし、そのまま寝てしまう人が多いですよね。まさか、その数時間後に痛風の発作が起きるなんて夢にも思わないため、発作が起きてから飛び起きてパニックになってしまう人も少なくないようです。

痛風の発作は、いつ起きるかわかりません。時限爆弾のようなものなので、初期症状に気が付いて早期治療をスタートできるのが理想的ですが、気づかないまま発作が起きてしまった場合には、とにかく安静にして、炎症や熱を抑えるために患部を冷やして応急処置をしましょう。痛みが少しだけ和らぐかもしれません。痛いからと言ってマッサージしたり、歩き回ったりするのはNG。ますます痛みが大きくなってしまうので、動かずに安静が第一です。

痛風の発作は、2,3日続いたら痛みが少なくなり、1週間もすれば完治することが多いようです。これは、血液中の白血球が異物と認識した尿酸の結晶を撃退してくれたためで、血液中の尿酸濃度が低くなったわけではありません。そのため、発作が起きても痛風を放置してしまうと、再びしばらくしてから発作を繰り返してしまうことが多いようです。また、尿酸濃度がどんどん高くなると腎機能にもダメージがあるので、よくありません。発作が起きたらすぐに医師に診せて、治療を始めるようにしましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ