痛風の症状

痛風の症状について

血液中に蓄積された尿酸の結晶が原因で、炎症を起こし、関節炎などを引き起こしてしまう痛風。痛風の症状と言えば、手足の関節部分がしもやけのように赤く腫れて痛くなるという症状を真っ先にイメージする人も多いのではないでしょうか。

痛風は関節部分に起こりやすいため、関節のある場所ならどこでも起きる可能性はありますが、その中でも結晶が貯まりやすい手や足の指先部分の関節は、痛風の症状が最も出やすい場所と言われています。少しずつ痛風が進行するケースもあれば、発作的にある日突然痛みが襲ってくる場合もあります。発作の場合には、痛すぎて歩くこともできないほどの痛みとなるので、そのまま放置してしまう人は少ないと思いますが、少しずつ進行するタイプの痛風だと、気づかないまま放置してしまう人も多いので、気を付けたほうが良いでしょう。

痛風の症状は、痛みだけではありません。痛風の中でも発作タイプの痛風は、発作を何回も繰り返すというケースもあります。何回も発作を繰り返すことによって、関節部分が変形してしまったり、組織が破壊されてしまい、炎症によって赤く腫れたりして、日常生活を送ることすら困難になってしまうことも十分に考えられます。尿酸の結晶が血液中にたまってどんどん大きくなってしまうと、最終的にはそれが痛風結石と呼ばれる大きなしこりになってしまうこともあります。

手足の関節部分に症状が現れることが多い痛風は、関節以外の部分にも症状が起きることがあります。それは、腎臓。食事によって摂取されたプリン体は、分解されながら腎臓へ送られ、腎臓のフィルターを通して膀胱に送られて排出されるか、それとも血液中に戻されるかが決まります。血液中に戻される尿酸の量が多くなると痛風の症状が起きるわけですが、そのフィルター作業をしている腎臓にも、痛風の症状が合わられます。腎臓に現れる痛風の症状には、尿を濃くする機能が低下し、尿にタンパクが混じったり、赤血球が混じってしまったりするようです。健康診断で尿検査行えばこうした点もわかりますが、なかなか自覚症状がないため、放置してしまう人も多いようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ