痛風の初期症状

痛風の初期症状について

痛風には、自覚症状があります。それは、手足の指先の痺れ。痛風にかかると、血液中に蓄積された尿酸が結晶を作り、その結晶を白血球が異物だと認識するために攻撃し、周辺組織が炎症を起こして痛みを伴います。しもやけのように手足の関節部分が赤く腫れたり、痛くなって歩くこともままならなくなってしまうわけですが、ある日突然そういう状態になってしまうことは少なく、毎日の生活の中で少しずつ痛風が進行してしまう場合には、その前の早い段階で自覚症状に気づくことも十分に可能です。

ひじをどこかにガツンとぶつけてしまった場合、ひじがジンジンとしばらく痺れたような感覚になることってありますよね?痛風の初期症状である「痺れ」は、あのジンジンとした痺れる感覚が襲ってきます。どこかにぶつけてしまったとか、ずっと正座をしていたとか、手足や指先が痺れても思い当たる節がある場合には心配ありません。しかし、思い当たることがないのに突然、痺れてしまうという場合には、もしかしたら痛風の初期症状かもしれないので、頻繁に起きる場合には医師に診てもらったほうが良いでしょう。

痛風の初期症状であるしびれは、神経回路が圧迫されていることが考えられます。初期症状では、しびれが起きたりなくなったり、という症状が起きますが、頻繁に痺れるようになったり、一度に痺れる時間が長く続くような場合には、痛風が悪化していることも考えられます。

こうした初期症状が起きたら、心配な場合にはすぐに医師に診せましょう。診療科目は、内科となります。それほどしびれが頻繁に起きない場合には、医師に行かなくても様子を見ても良いですが、その場合にも、生活習慣や食生活を改善しながら、自然に痛風が治癒できるようなライフスタイルを確立したほうが良いでしょう。原因を少なくすることができれば、痛風は自然治癒してくれる可能性もあります。様子を見ていてもなかなか良くならない場合や、痺れがひどくなる場合には、放置しても良いことはないので、速やかに医師の診察を受けてくださいね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ