痛風の原因となる食事

痛風の原因となる食事について

私達が普段からよく食べている食品の中にも、痛風を引き起こす原因となるプリン体という成分はたくさん含まれています。プリン体は、魚介類の中でも特に、小魚や煮干しなどのように、内臓も丸ごと食べれるような魚に多く含まれていますし、肉でもホルモンやレバーなど、内臓系の食材には多く含まれています。また、干しシイタケのように、一見ヘルシーにおもえる食材にも、痛風の原因となるプリン体はたくさん含まれているので、痛風が気になる人や、痛風を改善したい人は、毎日の食生活では徹底的にプリン体を摂取しないように心がけることが必要です。

珍味と呼ばれる食材が好きな人も多いですよね。白子、ウニ、アンコウなど、お酒のつまみに最適な食材は、実はプリン体がタップリと含まれているので要注意です。また、アルコールも、消化されて分解される際には尿酸がたくさん作られるので、痛風リスクの高い人は、できるだけひかえたほうが良いでしょう。

それでは、痛風の初期症状が出ていて、食生活を改善することでスピーディに自然治癒したい場合には、どんな食事を心がけたら良いのでしょうか? お肉や魚などには、プリン体のリスクも高いのですが、だからと言ってまったく食べないのでは、エネルギーがつきませんし、栄養バランスも悪くなってしまいますよね。肉も魚も、内臓部分や脂身の部分は食べないようにしましょう。

肉と魚の中で、プリン体の含有量が少ないのは、豚肉ならばら肉やロース、牛肉ならリブロースなど。ヘルシーなイメージのある鶏肉は、実はプリン体はたっぷり含まれていますし、カツオやイワシ、サンマなどの魚は肉と比べると含有されているプリン体の量は倍以上になってしまうので、痛風の食事療法では、できるだけ避けたほうがおいでしょう。

野菜の中にもプリン体は含まれていますが、野菜に含まれるプリン体は、痛風を悪化させるリスクはないので心配いりません。脂質や糖質を出来るだけ抑え、あっさり系の和食にすれば、低カロリーで低プリン体量、痛風リスクを少なくすることも十分に可能です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

アンセリン 240粒」は、アンセリンに古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。食事中のプリン体が気になる方に、そして毎日活動的で元気に過ごしたい方にぜひオススメのサプリメントです♪

このページのトップへ