うつ病の症状:女性

うつ病の症状:女性について

うつ病は精神疾患なので、女性だけがかかるというわけではありません。しかし、女性は更年期になると誰でも必ずホルモンバランスが崩れるので、この時期には精神的なバランスも崩れてうつ病にかかりやすくなってしまいます。更年期だけではありません。女性は出産直後にはホルモンバランスが崩れるので、うつ病にかかりやすくなりますし、ちょっとした環境の変化などによっても人によってはホルモンバランスが崩れてうつ病になってしまうこともあるようです。

男性と同じように外でバリバリと仕事をしている人なら、うつ病にかかる原因も男性と同じような理由が多いでしょう。しかし、仕事をしながら家事もこなしていたり、親の介護もこなしている人にとっては、家事や介護のストレスで、うつ病になってしまう人も多いようですね。

女性がうつ病にかかると、やる気がなくなったり気分が沈みがちになったりする症状が現れます。それに伴って、体がほてってだるくなったり、体のバランスがとりづらくなってめまいを起こしやすくなるという症状もあります。また、几帳面な性格の人は、以前よりもさらに心配性になって、いつでも不安で仕方なくなってしまうという症状もあるようです。

女性がうつ病にかかった時に出る症状は、女性が更年期の時に経験する症状とよく似ています。精神疾患では、型にはまった症状ばかりが出るだけではなく、精神的な鬱状態によって眠れなくなって不眠になってしまったり、食欲がなくなって体重が減少したり、また、拒食症と過食症を繰り返すなど、人によって起きる症状は異なるようです。

男性よりもホルモンバランスが崩れやすい女性の場合には、少しおかしいな、いつもと調子が違うなと感じたら、その時点で病院で診察を受けたほうが良いでしょう。ホルモンバランスが崩れているかどうかは血液検査をすればすぐにわかりますし、心配したほうが良い鬱なのか、それともうつ病を発症しているのかも、専門家が判断してくれますよ。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ