抑うつ病とは

抑うつ病について

「うつ病」と一口に言っても、いろいろな種類があることはご存知ですか?うつ病、抑うつ病、神経性うつ病、抑うつ神経症など、よく似たような疾患名がずらりと並びますが、大きくまとめると【うつ病】でも、細かい定義が異なります。

その中でも、私たちが「うつ病」と聞いて真っ先にイメージするのは、抑うつ病ではないでしょうか。抑うつ病とは、気分が落ち込んでいる状態で、やる気が出なかったり、何をしても楽しいと感じられなかったりする症状が出ます。人間誰でも、調子が良い時もあれば悪い時もあるもの。やる気が出なかったり気分が落ち込むたびに、私たちは抑うつ病を発症しているというわけではありません。精神疾患としての抑うつ病は、気分が落ち込んだ状態が2週間以上ずっと継続してしまう症状が起こります。特に、気分が落ち込んでしまうようなキッカケや思い当たる節がないのにそうした精神状態になってしまう場合には、抑うつ病が考えられるでしょう。

抑うつ状態は、人間なら誰でも起きる可能性がある状態ですが、ほとんどの人は自力でその状態から抜け出すことができます。しかし、抜け出せる要因がない場合には、なかなか自力で抜け出せず、そのまま抑うつ病に突入してしまうこともあるようです。抑うつ病になると、やる気がまったくなくなり、布団から出たくなくなったり、昼間はいつも眠いという気がする者の、実際に眠ろうとしても眠れなかったり、育児や介護など他人の世話はもちろん、自分自身の身の回りのことすら面倒でできなくなってしまったり、また、他人と顔を合わせて話をすることすら面倒になってしまったりします。

抑うつ病になると、そうした気分がずっと続き、場合によっては時々なんとなく明るい気分になれるような気もしますが、すぐに再び暗い気分に戻ってしまうことが多いようです。精神疾患としての抑うつ病では、そうした気分が2週間以上ずっと継続すると精神疾患と診断されますが、放置しても原因が残っている場合には良くなることは少ないため、どんどん症状が悪化してしまうことも少なくないようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ