思春期のうつ病とは

思春期のうつ病について

精神的なストレスを感じるのは大人だけ、なんて思っている人は大間違い。現代社会では、子供でも学校での成績や受験、人間関係などによって精神的なストレスを抱えています。特に、思春期の子供たちは精神的にも肉体的にも子供から大人に向かって劇的な成長を遂げる時期ですから、ホルモンバランスが崩れやすかったり、精神状態も過敏になってしまい、ちょっとしたことが原因で、うつ病を発症してしまうこともあるようです。

思春期には、大人への依存心もありながら独立心が芽生えるため、うつ病でなくても精神的な葛藤が多くなる時期。自分の造形に対しても客観的な認識ができる年齢になるため、醜悪恐怖症や自己視線恐怖症など、他人の視線が気になりすぎて精神疾患になったり、いじめや登校拒否にもつながることが多いようです。

思春期のうつ病は、社会における精神的なストレスから自分を殻に閉じ込めてしまう引きこもりになったり、イライラや不安を解消するために薬物をしようしたり、非行に走ったりすることもあります。また、大人のうつ病と比べると、思春期にかかるうつ病の場合には絶望感が大きくなる傾向にあり、問題が解決できないなら死んだ方がましだと考えて、自殺に走る子供も増えています。

思春期には、うつ病を発症していなくても多感で難しい時期。そのため、うつ病かどうかを見分けることが難しいものです。専門家でもなかなかうつ病かどうかを見分けられませんから、家族にとっても見分けることは簡単ではありません。しかし、親子での対話を大切にし、子供のイライラや不安などを自分の中に蓄積してしまわないように周囲がサポートしてあげることが大切なのではないでしょうか。子供が経験する思春期は、私達大人なら誰もが一度は通ってきた道ですから、難しいアドバイスはできなくても、話を聞いて同感することぐらいはできるはず。周囲のそうした対応だけでも思春期のうつ病は予防することが可能です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ