躁うつ病の症状

躁うつ病の症状について

専門的には「双極性障害」と呼ばれている躁うつ病は、精神的にハイな「躁」の状態と、気分が落ち込んで何もやる気が出ない「鬱」の状態を繰り返すという精神疾患です。うつ病というと24時間朝から晩までずっと気分が沈みがちで、やる気がゼロになって布団から出たくないという症状が継続すると思う人も多いのですが、躁うつ病の場合には、そうしたうつ病の時期もあれば、ハイで自信満々な時期もあるので、なかなか精神疾患だとは気付きにくいという特徴があります。

躁うつ病の「躁病」の時期には、頭がとても冴えて、天災のようなアイデアが浮かんで来たり、普段よりも口数が多くなって明るく朗らかになったり、じっとしていたくないために活動的になったり、うつ病の時とはまるで別人のような行動を取るようになります。一方、精神状態がハイになることによって、気分が良くなるだけでなく、興奮しすぎてパニックになってしまったり、少しイライラしたことに対しては大きな声で怒鳴り散らすという行動を取る人もいるようです。

こうした躁病の状態が1週間以上続く場合には、精神疾患としての躁病が疑われます。自分自身では「最近、調子がいいな〜」程度にしか思っていないため、まさか自分が躁病だなんて自覚はありませんから、家族や周囲が医師に相談しながら治療を進めることが必要となります。

人間は誰でも、日常生活を送っていれば、気分が良い時もあれば悪い時もあるものです。しかし、常識の範囲を超えるほど極端な「ハイな状態」と「ブルーナ状態」が繰り返される場合には、躁うつ病の疑いがあると言えるでしょう。躁うつ病では、日常生活の中で鬱の状態と躁の状態が半分ぐらいずつということもあれば、鬱状態の方が若干多いというケースもあります。どちらの場合でも、100%躁の状態だけというわけではなく、必ずその中に鬱の状態も入ってくるので、あまりにも気分にむらがありすぎる場合や、気分の躁鬱の差が激しすぎる場合には、もしかしたら精神疾患かもしれないので、専門家に診てもらったほうが良いかもしれません。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ