非定型うつ病とは

非定型うつ病について

精神疾患のうつ病には、いろいろな症状があります。しかし、一般的には、従来のうつ病にかかると食欲が落ちて体重が減ってしまったり、心配や不安、ストレスなどが原因で夜眠れなくなってしまうなど、不眠と拒食の症状が起きることが多いようです。しかし、現代の若いものを中心にかかりやすくなっている「新型うつ病」の中でも「非定型うつ病」では、従来のうつ病の型には全く当てはまらないような逆の症状が現れることが少なくありません。

例えば、食欲がなくなるのではなく、ストレスを解消するために無意識のうちに過食になり、肥満になってしまうこともありますし、夜はぐっすり眠れるのですが、寝ても寝ても全然寝たりないという症状が続くこともあるようです。具体的には、1日10時間以上寝ても、まだ眠い、もっと寝たいということになることもあります。

鉛様疲労感も、非定型うつ病の症状です。これは、まるで足に鉛がついているかのように、体が重たく感じて何も行動したくないという症状。仕事に行かなければいけないと分かっていても、足に鉛が入ったように体が重く、行きたくなと感じたりするようです。

拒絶過敏症という症状もあります。これは、他人の言動に異常なまでに過敏になり、ちょっとした他人の言葉や行動に対して過剰に反応してしまうという症状。例えば、仕事中に上司から「仕事が早くて助かるよ」と褒められた場合でも、非定型うつ病の場合には素直に褒め言葉として受け取ることができません。「早いだけで内容が薄いってことですか???」なんて皮肉にとらえて怒り出したりしてしまったりします。

また、非定型うつ病では、仕事がある人ない日とで、気分に大きな差が出ることが多いようです。気分反応性と呼ばれるこの症状は、仕事に行くときには気分が鬱状態になって体調も悪く、気分もブルーニなってしまうのですが、仕事がない日には体調も絶好調で気分もハツラツ、まるで躁状態になってしまうというわけですね。また、気分反応性という症状は、自分が100%正しくて、他人が100%悪いと思い込んでしまう症状もあるため、もしかしたら自分が間違えいるのかもしれない、と振り返って考える余裕すらなくなってしまいます。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ