老人性うつ病の症状

老人性うつ病の症状について

うつ病は、職場の人間関係やストレスによって発症しやすい中高年だけに起きる精神疾患ではありません。年金で生活していて人間関係のストレスは少ないだろうと思われるような老人にも起こる可能性があります。シニア世代がかかるうつ病は「老人性うつ病」と呼ばれていて、一般的なうつ病と同じように、気分が暗く沈みがちになったり、やる気がなくなったりすることが多いようです。

周囲から見ると、「疲れやすくなったな」「年なのかな」なんて軽く流してしまうケースも多いのですが、今まで大好きだった趣味にまったく興味を示さなくなってしまったり、意味も理由もなく突然悲しくなって涙が止まらなくなってしまったりする場合には、もしかしたら老人性うつ病の疑いがあるかもしれません。

年齢とともに、誰でもそれほど親しくない人たちと会話をするのは面倒になってしまうものですが、老人性うつ病の場合には、他人と会うのが面倒になり、引きこもりの状態になってしまうという症状もあります。その他にも、食欲がなくなったり、やる気がなくなって体を動かすことが面倒になったり、勘が鈍って物忘れがひどくなってしまうという症状もあります。

こうした症状は老人に多く見られる痴呆の症状ととてもよく似ているので、家族や周囲の人は、ボケや痴呆と勘違いするケースもあります。しかし、老人性うつ病の場合には、症状は痴呆やボケと似ていても、放置しておくと症状がどんどんひどくなって自殺願望が出てくるケースも多いので気を付けなければいけません。

老人性うつ病は、老人が将来に対して抱えている不安や孤独感などが引き金になることが多いようです。例えば、配偶者が先立ってしまい、家の中に一人ぼっちになってしまえば、誰でも寂しくなってしまうもの。老人になれば誰もが経験することなのですが、話し相手がいなくて寂しい毎日を送るようになると、それがきっかけで老人性うつ病を発症することも多いようですね。

老人性うつ病を予防するためには、シニアライフを出来るだけ充実させて、家の外で楽しめる何かを見つけること。また、家族や周囲の人たちのフォローも必要です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ