うつ病と職場復帰計画

うつ病と職場復帰計画について

精神疾患の一つであるうつ病は、几帳面だったり責任感が強かったり、日本人としては「こうあるべき」的な性格の上に、社会での人間関係や精神的なストレスが上乗せされることによって発症する現代病と言っても過言ではありません。現在では、60%以上の企業が、精神疾患で長期休業している社員を抱えていると言われていて、休業ではなく退職という選択をした人も含めれば、60%以上の企業で社員は精神疾患を発症しているということになります。

うつ病を発症すると、その原因から遠ざかって心も体も十分に休養させることが必要になります。基本的には在宅治療ができますが、仕事をしながらというのは難しいですよね。本気でうつ病を治療しようと思ったら、やはり仕事は休職して、治療に専念したほうが良いでしょう。

しかし、仕事をしていなければ不安になる材料もたくさんあります。例えば、収入面での不安。復帰できるのかどうかの不安。同じ職場に戻る場合には、復職後の出世にどのぐらい影響が出るのかの不安など。そんな人にぜひ知ってもらいたいのが、復職支援プログラムの存在です。

このプログラムは、うつ病で休職している人なら誰でも利用できる厚生労働省主催のプログラムで、うつ病が完治した後に社会復帰するためのリハビリやトレーニングなどを行ったり、既に仕事を退職している場合には、社会復帰できる受け皿をあっせんしてくれるという特徴があります。専門的な資格を持つカウンセラーたちが、うつ病を患った人たちとコミュニケーションを取りながら復職の時期や仕事を決めることができるので、社会復帰に向けて前向きに取り組むことができます。

うつ病で会社に籍を残しながら、一時的に休職している人もいますよね。その場合には、企業ごとに就業規則によって、復職する場合の時期などが定められています。多くの場合には、休職してから1年半を目安に、完治していない場合には退職を勧められたりしますが、企業によっては職場復帰計画なる計画書が準備され、復職を温かく待ってくれる職場もあるようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ