うつ病の治し方

うつ病の治し方について

目には見ることができない精神疾患であるうつ病は、ケガや風邪のように、治療を始めれば目に見えてどんどん効果があったり、短期間で感知できるというわけではありません。うつ病の治療を初めても、完治するには最低でも3か月間〜半年ぐらいの期間がかかると言われていて、精神状態が少しずつ健康な状態へと回復する間には、アップダウンがつきもの。その時の症状や気分に一喜一憂してしまうと、それだけでどっと疲れてしまいます。うつ病の治し方は、とにかく根気が必要。のんびりと気長に構えて治療を行ったほうが、長期的には完治につながりやすくなります。

うつ病という精神疾患にかかると、やたら「死」が目の前をちらつくようになります。死んでしまったら楽なのに、消えてしまいたい、などと思ってしまう機会も多くなりますが、それは自分だけではありません。うつ病の症状の一つとして表れている症状なので、そうした気持ちに惑わされずに、無視する気持ちは必要です。

また、うつ病になると何もかもが嫌になって、気分も落ち込み、冷静な判断ができなくなってしまいます。そんな精神状態の時に、大きな決断などできるはずもありません。うつ病の治療を行っている間には、できるだけ決断することは避けるようにしたほうが良いでしょう。例えば引越しをしたり、仕事を辞めるのもNGです。そうした一大決断は、うつ病が完治した後でゆっくり考えればよいのです。

極度のストレスや疲れが限界以上に続くことで発症することも多いうつ病。うつ病を治すためには、とにかく肉体的にも精神的にも十分な休養が必要です。普段の生活をつづけながらうつ病の治療をすることはかなり難しいため、治療を行う場合には、入院するかどうかは別として、仕事や家事など、肉体的にも精神的にもストレスを与えるような作業はすべて【一時的にお休み】するのが理想的です。監視監督が必要な状況や、小さな子供がいて自宅ではのんびりできないという場合には、入院という選択肢もありますが、基本的には同居する家族がいれば、在宅で完治することも可能です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ