うつ病:接し方

うつ病:接し方について

家族や友人にうつ病の患者さんがいるというと、本人とどのように接したら良いのか不安に感じてしまうこともあります。うつ病は精神疾患で、気分がずっと落ち込んでしまうという病気です。落ち込むだけではなく、常にイライラしていたり、感情的になったり不機嫌になったりすることも多いため、うつ病の人と接する場合には、そうした症状は病気から来ている症状なのだと十分に理解することが必要です。

家族がうつ病になってしまうと、原因を取り除くことで問題が解決されるのではないか、悩みを打ち明けることでうつ病が治るのではないかと安易に考えてしまう人も少なくありません。しかし、他人から問い詰めるような仕草は、かえってうつ病を患っている本人にとっては大きなストレス。できれば、家族でも問い詰めたり質問攻めにすることはせず、自分自身で話したくなる雰囲気を作ってあげるように努力したほうが効果的です。

また、精神状態がかなり不安定になっているうつ病の人は、時に離婚とか辞職などをほのめかすことも多いようです。しかし、本人のそうした提案を受け入れたり拒絶するのではなく、決断は先送りにするのがベスト。病院の先生と話をしてから決めたら良い、ぐらいにぼかしたほうが良いでしょう。

最も大切なのは、うつ病の患者さんと接する場合には、患者さんの意思を否定するような言動は徹底的に避けること。精神的に不安定なのですから、時にはつじつまが合わないことを口走ったり、訳の分からないことを言ったりすることもあるでしょう。そんな時でも、「違うでしょ」なんて正すのはNG。うつ病の症状が悪化してしまう原因となってしまいます。

患者さんがどんなに意味不明なことを言った場合でも、患者さんが孤立感を感じないように「そうだね」と否定しないことが大切です。覚えておきましょう、うつ病を患っている時には、正しい判断も冷静な判断もできません。そのため、患者さんが間違っている時に正す作業よりも、患者さんが孤独を感じないように温かく受け止める方が、うつ病の治療にはプラスの効果が期待できます。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ