うつ病改善のための食事

うつ病改善のための食事について

うつ病は、誰でも起こるリスクを抱えている精神疾患です。極度のストレスや疲れなどが原因でうつ病を発症することもあれば、女性の更年期障害などによってうつ病になってしまうこともありますし、老人性のうつ病というケースもあります。どんな理由や原因がある場合でも、うつ病の状態が長く続いて日常生活に支障が出てしまう場合には、精神科医の元で適切な治療を行うことが望ましいのですが、治療期間中には、食事療法も同時に行いながら、精神の安定を促進してくれる食材を積極的に食べるのもおすすめです。

うつ病を患っている患者さんが、治療のために積極的に調理をするということは現実的には難しいので、家族が協力して、うつ病改善効果の高い食材を使って調理すると良いでしょう。

うつ病を改善する効果があるのは、セロトニンと呼ばれる成分。セロトニンはアミノ酸から作られている成分で、神経伝達を活性化する働きがあります。セロトニンはたんぱく質にたっぷり含まれているので、動物性タンパク質と植物性タンパク質のバランスを考えながら、積極的に肉や魚、大豆などを食べると良いでしょう。牛乳やバナナ、卵、ヨーグルトなどにもセロトニンが豊富なので、朝食は洋食系にしたり、ヨーグルトなどをおやつにするのもおすすめです。

動物性タンパク質は、魚ならマグロ、カツオに多く含まれていますし、肉なら鶏肉にたくさん含まれています。うつ病を患うと、全体的に食欲もなくなって体重が減ってしまう人も多いので、カロリーなどは気にせずに、本人が好きなたんぱく質を積極的に食べるようにするのがおすすめです。

ハーブなどもうつ病改善の効果があります。精神科で処方してもらえる薬を飲んで治療するのも良いのですが、老人性うつ病の場合には、薬用のハーブなどを食生活に取り入れるだけでも大きな効果が期待できることもあるようです。

洋食と和食とでは、セロトニンを多く含んでいるのは和食の方。和食はたくさんの栄養バランスが取れているので、一日3食和食にするというのも、うつ病改善の効果が期待できそうですね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ