うつ病のための病院

うつ病のための病院について

うつ病は誰でもかかるかもしれない精神疾患。疲れやストレスなどによって引き起こされることもありますし、女性なら更年期障害によるホルモンバランスの崩れによってうつ病になってしまうこともあります。もしかしたら自分はうつ病かもしれない、と感じたら、まず最初に、ネットなどで見つけることができるセルフチェックを行ってみると良いでしょう。

いろいろなタイプのセルフチェックがありますが、基本的には、最近2週間毎日、そして一日中ずっと気分が落ち込みっぱなしで食欲もなく、夜も眠れないという場合や、気分が沈みっぱなしの状態が日常生活に影響を及ぼしているという場合には、うつ病の疑いがあるので、精神科を受診したほうが良いかもしれません。うつ病は13人に1人がかかっている精神疾患ですが、実際に治療を受けるのはそのうちの25%程度。ほとんどの場合には、うつ病の症状と自分だけで戦いながら、模索し続けているわけです。

うつ病は、適切な治療を行えば、短くても3か月〜6か月ぐらいの治療期間はかかりますが、健康な精神状態へと改善して完治することもできます。もしかしたらうつ病かなと思って診察に行ったら、そのまま強制的に入院させられた、なんてことはないので心配しないでくださいね。

うつ病は、神経内科という診療科を取り扱っている病院で見てもらうことができます。自分一人では不安な場合には、家族についてきてもらうのも良いですが、自分一人の方が安心できる場合には、自分一人で行くのも良いでしょう。最近ではネットで全国各地の病院を見つけることができますし、実際にその病院を利用した人の口コミや感想、レビューなども紹介されています。

日本一の名医を見つけて受診するのもよし、自宅から通いやすい場所の病院を見つけるのも良し、どの病院が自分にとってピッタリなのかは、本人のライフスタイルや考え方によって異なりますが、うつ病は軽度のうちに治療を始めれば、日本一の名医でなくてもスピーディに治療できるので、自宅のそばの病院を見つけるのも、通いやすくて良いかもしれませんね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ