うつ病の入院治療

うつ病の入院治療について

精神疾患の一つであるうつ病。精神疾患で入院というと、事情を知らない人にとってはかなりの恐怖心を与えてしまうこともありますが、うつ病だから必ず入院しなければいけないということはありませんし、基本的には通院でカウンセリングや薬物治療を行いながら、在宅で治療を行うのが一般的です。

うつ病の治療では、体も心も十分に休養させることが必要です。仕事や家事、人間関係などが知らないうちに大きなストレスになっていることも多いですし、そうしたストレスをすべて断ち切って、心と体を十分に休養させるためには、それなりの環境が必要となります。

例えば、自宅に小さな子供がいて、自宅ではゆっくり休むこともできなかったり、家にいると家事のことをどうしても考えてしまってゆっくり休養できないという場合もありますよね?その場合には、在宅で治療できるところをあえて入院という選択をする人もいます。日常生活の中にうつ病を引き起こしている原因が潜んでいる場合には、その原因から離れた環境の中で治療を行うことによって、うつ病を完治しやすくなります。

うつ病の症状が重度の場合にも、入院による治療が進められるケースがあります。自殺願望が出ていて、家族では観察しきれない場合などには、入院することによって24時間体制で経過を観察できるので、うつ病の治療も効果的に進めることができます。副作用が起きることも多いうつ病の治療では、入院治療することによって薬の副作用にもスピーディに対応できるというメリットもありますね。うつ病を患っている患者さんのケアを家族がすることによって、その家族にうつ病にかかりかけているような場合にも、入院治療が進められるようです。

うつ病は精神疾患なので、入院治療でも健康保険が適用されます。しかし、健康保険が適用の場合には、自己負担が3割になるので、長期入院となると、自己負担の費用もかなり大きくなってしまいますよね。経済的な負担が大きくなるのは、うつ病で入院をするデメリットと言えるでしょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ