うつ病の薬:サインバルタ

うつ病の薬:サインバルタについて

うつ病の治療薬の一つに、サインバルタがあります。この薬は日本イーライリリーから販売されている薬で、主成分にはデュロキセチンを含んでいるのが特徴です。うつ病にかかると、気分が沈んでしまい、なかなか晴れやかな気分になることができないだけでなく、何に対してもやる気が出ずにぼーっとしてしまうことが多くなります。サインバルタを服用することによって、暗く沈みがちな気分を和らげたり、やる気が出るようになります。

うつ病に処方される薬にはいろいろな種類がありますが、どれも副作用が出やすいという特徴があります。薬を選ぶ際には、自分にとって副作用が少ないものを選ぶことも大切ですよね。サインバルタは、ほかの抗うつ剤と比べると、副作用が少ないという特徴もあります。初めて抗うつ薬を服用する人にとっては、できるだけ副作用が少ない薬のほうが安心ですから、そうした点では、サインバルタは良いかもしれませんね。

サインバルタは、服用すると比較的スピーディに効果を実感できるという特徴もあります。精神疾患の薬は、服用を始めてから効果が出るまでに1か月程度の期間がかかることも少なくありません。しかし、それよりも早く効果が出るサインバルタなら、治療を初めてすぐに効果を実感できるので、治療の励みになるのではないでしょうか。

ただし、サインバルタは誰にでもOKというわけではありません。肝臓系の疾患、腎臓系の疾患、緑内障を持っている人などは、サインバルタは禁忌。モノアミン酸化酵素阻害剤を服用中の人も、サインバルタを服用してはいけません。また、糖尿病や高血圧のように血液系の疾患を持っている人は、服用が禁止というわけではありませんが、服用する際には注意が必要です。

気分が沈んでやる気がゼロになってしまうという症状を改善する効果があるサインバルタは、同じうつ病でも、躁鬱の状態がある場合には、服用する際には注意が必要です。発作的にパニックになったり、興奮しやすくなってしまったりするので、家族や周囲の人が観察してあげるようにしましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

フィリップス セラピーライト」は青い光を浴びると人は覚醒する”という研究結果から開発された光目覚まし時計です。アラームと共に青い光が眩しく点滅するので、うつ病や不眠対策のために最適♪ 出張や旅行の際に持ち運ぶのにも便利ですよ。

このページのトップへ